読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もまた終わる。

都内だけでも30万人はいる平凡なサラリーマン。ライターもやってます。

友達間だけの笑い

f:id:yama241:20170219162252j:plain



今週のお題「何して遊んだ?」


小学生の頃なんかに特に多い、「友達間だけで通じる笑い」みたいなのがある。
そのほとんどは、今思うと何がおもしろかったのか分からない。

私たちの場合、その頃は、「外国人の名前」におもしろさを感じていた。
マイケルだとかジョンだとかステファニーだとか、何の意味もないのに叫んだり、友達をそう呼んだりして笑っていた。


休み時間、10人くらいで鬼ごっこをしていたときである。

「鬼ごっこに名前をつけよう!」

誰かが言った。
校庭のいろんなところで鬼ごっこをしていたので、その場所ごとに名前をつけようということになった。





校庭の奥の小高い丘での鬼ごっこは、「ジョンソン」
ジャングルジムの周りでの鬼ごっこは「ジョニー」
この2つで主に遊んでいた。

リアル鬼ごっこ


「今日はジョニーしようぜ!」

リーダー格の声掛けにいつものメンバーがジャングルジムに走る。

いつものように叫んで笑って駆け回って、休み時間が終わる頃だった。

「危ない!」

1人がジャングルジムの3段目から落ち、尻を着いたときに手を切ってしまった。
大した傷ではなかったが、血が止まらない。


私はそいつに付き添って保健室に向かった。
2人とも、怪我のことより保健室の先生に怒られることを心配していた。
わざと交代でやっているのかと思うほどみんな順番に怪我をして、毎日のように保健室に行き、
いい加減にしろと数日前に怒られたばかりだった。


「またー? もう…何してたの?」

赤チンを塗りながら、イラついた雰囲気たっぷりで私たちに聞く。

「えっと、あの、ジョニーをやっていまして…」

するとギラッと私を見た。

「ジョニーって誰なの!? 連れてきなさい!」

この怒鳴りに爆笑してしまい、また怒られた。


この頃みたいにくだらないことで笑っていたいものだ。


1-24yama.hatenablog.com