読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もまた終わる。

都内だけでも30万人はいる平凡なサラリーマン。ライターもやってます。

きっかけはパフェ

f:id:yama241:20170120234439j:plain



今週のお題「恋バナ」


失敗した恋愛話ばかり書いている私だけど、たまには成功もあるんだよ。
他人の幸せな話なんてつまらないでしょうけど、まぁ聞いてよ。
といっても、これは10年近く前の話だけど。


当時、バイト先の1歳上の先輩に恋愛の相談をされていた。

「Sちゃんカワイイよなぁー」

Sさんも私の1歳上で、明るいコ。
相談してきた先輩はイケメンでやさしくて最高の先輩なのだが、女に対しては奥手だった。

「先輩とSさん仲良いし、先輩なら余裕だと思いますよ」
「いやー、でもさぁ…」

それが2ヶ月くらい続いた。
度胸ねぇなぁ、と思ってしまうこともあったが、そっと見守ることにした。


数日して、そのバイト仲間15人くらいで、バイト先の座敷を貸し切って飲み会が開かれた。
当然、先輩もSさんも参加する。

よし、なんとか先輩の隣にSさんを座らせなきゃ…。
自然な方法はないだろうか…。


モッピー!お金がたまるポイントサイト


考えている間に、どんどん席が埋まっていく。
男10人、女5人、女は固まって隅の方に座ってしまった。
まぁ、どうせ朝まで飲むんだ、いくらでもタイミングはあるだろう。

とりあえず先輩と隣に並んで座った。
Sさんがトイレにでも立ったら、私がSさんの席に座ってしまおう。
そしたら私の席しか空いていないから、Sさんはそこに座るしかなくなる。
Sさんの性格的に、私をどかすことはないだろうし、どかされそうになったとしても、なんとかあしらえる。

うん、これでいこう。
Sさんの様子を伺いつつ飲むことにした。


2時間くらい経っただろうか、Sさんはなかなか動かない。
こっちがモヤモヤしてしまい、先輩を奮い立たせようとした。

「先輩、そろそろSさんに言ったらどうですか? 絶対イケますよ」
「うーん、そうだよな、そろそろ言わないと…」

まだ踏ん切りが付かないのかこいつ。
「好き」と言うだけのことが何故できないのだろう。

先輩は溜息をつき、トイレに立った。
大好きな先輩だけど、その後ろ姿から負のオーラを感じ、ちょっとカッコ悪かった。


「一くん」
「はい! …え?」

Sさんが私の横に立っている。

「お話しよー」

そう言うと先輩の席に座った。
まだトイレから戻っていない。

「お酒強いの?」
「いや、平均的じゃないですかねぇ」
「ふーん…それ何杯目?」
「5杯目だったかな? Sさんは?」
「3杯目かな? 追いつくね!」

なにこれ…なんかすごくいい
いや違う、やばい、先輩はどうした?
辺りを見回すと、先輩はSさんがいた席に座って隣のブスと喋っていた
私がSさんと会話をしている間にトイレから戻ったようだ。

どうしよう、あまり不自然なことはできない。
未曽有の気まずさを感じながらも、しばらくこのまま様子を見ることにした。


未曾有の大混乱



それからまた2時間ほど経った。
相変わらずSさんは私の隣にいる。

その間、ずっと会話が尽きなかった。
何を話したかは覚えていない。
先輩が気掛かりでならなかったからだ。
何度も先輩の方を確認したが、意識してこっちを見ていないように感じた。

「甘いもの食べたいね!」

Sさんがこちらに顔を向ける。

「あ、いいですね」
「じゃあ、パフェ作ってきてあげる」

そう言うと、立ち上がり厨房へ向かった。


ここだ!
私は先輩の元へ行き、肩を叩いて小声で言った。

「席を代わりましょう」
「いいよ別に」
「本当にですか?」
「ううん、代わる」

いじけてたのか、そんなカワイイ面もある
先輩はSさんが戻ってくる前に、急いで私がいた席に座った。


Sさんが戻ってきたのが横目で確認できた。
座敷に上がるところで立ち止まり、キョロキョロと辺りを見回していたが、
私は気付かぬフリして、隣のブスと何のためにもならない会話をしていた。

Sさんは先輩の隣に座り、2つ持っていたパフェの1つを先輩に渡した。
良かった、とりあえず良かった。
後は先輩次第だろう。


「一くん」

ブスに小声で呼ばれた。

「ん?」
「Sちゃんのことどう思う?」
「どうって、明るいなぁって思うよ」
「ふーん…」

こうなるとなんとなく分かるものである。
というか、さっきから薄っすら感じてはいた。

「Sちゃんがね、一くんと友達になりたいんだって
「友達ってすでに…いや、というよりバイト仲間かな?」
「そうでしょ? だから、後でメアド訊いてあげて」
「俺から訊くの?」
「うん、訊くの恥ずかしいみたいだから」

明るくて何でも言えそうなSさんの意外な一面、そのギャップに惹かれた。
カワイイよ、Sさん。
でもダメだ、先輩に相談されているのに、それはできない。
Sさんから訊いてくることはなさそうだから、私が訊かなければ大丈夫だ。
出来レースを降りるのはとても苦しいけど、別に前から気になっていた訳じゃない。
ここは先輩を裏切る訳にはいかない。


映画「先輩と彼女」特別版 [DVD]



それから5分も経っていなかったと思う。
Sさんがいつの間にか近くに来ていて、ブスの肩を叩いた。

「あ! はいはい」

まるで申し合わせたかのように、ブスが席を立ち、Sさんがそこに座った。

「お待たせ!」
「あぁ…おかえり」
「ただいま! 作ってきたよ」

食べていなかったのか、少しだけ溶けたパフェを1つ持ってきた。
もう1つあったパフェは先輩の前に置いてある。

「1つだけ? Sさんのは?」
「さっき(先輩)にあげてきちゃった! これは一くんと一緒に食べようと思って」

これがマンガなら、『ズキューン』の文字が入るだろう。
しかし、先輩を裏切る訳にはいかない。
私はこう言ってやった。

「Sさん」
「うん?」
「メアド交換しませんか?」